『方向転換』とは?

院長
院長

ちひろさん、こんにちは!

今日はどうされましたか?

院長先生、こんにちは!

バスケの試合中に切り返しで膝を痛めちゃいました...。

ちひろ
ちひろ
院長
院長

バスケは膝のケガが多いスポーツですからね。

今は、しっかり休んで治療することが必要です。

そうですか。

大会までに間に合いますか?

ちひろ
ちひろ
院長
院長

状態を確認してからにはなりますが、間に合うようにサポートさせて頂きます!!

早く治すにはどうしたらいいですか?

ちひろ
ちひろ
院長
院長

安静にしている間に身体の使い方を理解していただき、復帰したら『方向転換』の動作をしっかりできるようにリハビリをしましょう!

『蹴る』とは?

院長先生!

サッカーの試合で走っていたら転んで足首を捻ってしまいました…。

けいすけ
けいすけ
院長
院長

こんにちは!

足首以外に痛めたところはないですか?

足首以外は大丈夫です。

なんか腫れていて、結構痛いです。

けいすけ
けいすけ
院長
院長

まずは、アイシングを行いましょう!

すぐに病院に行き、治療することが必要です。

そっか〜。

治るのに時間かかりますよね

けいすけ
けいすけ
院長
院長

状態にもよりますが、安静は必要かと…

院長
院長

けいすけさんが復帰した時に気をつけていただきたいことがあります!

『蹴る』動作についてご説明しますので覚えておいてください!

『泳ぐ』とは何か?

先生~!

水泳の練習をしていたんですけど、右肩が痛くなっちゃいました...

コウスケ
コウスケ
院長
院長

コウスケさん、こんにちは!

痛めたのはいつ頃ですか?

また、どんな時に痛みますか?

痛くなったのは3日前です。

クロール時の息継ぎで右肩を上げた時に痛みがあります。

コウスケ
コウスケ
院長
院長

なるほど。

練習量はどのくらいでしょうか?

えーっと、週に5回で、1日に10000mくらい泳ぎます!

コウスケ
コウスケ
院長
院長

練習量が多いんですね...

まずは今後のことも考え、治療することをオススメします!

院長
院長

それに +α でコウスケさんは泳ぐときにフォームを意識してると思いますが、『泳ぐ』という動作についてより詳しく知っておくとケガが治ってからも予防ができますよ!

『あたり』とは?

院長
院長

こんにちは!ユウスケさん!

今日はどうされましたか?

こんにちは院長先生!

実は、ラグビーをしているんですけどタックルをしたときに肩を痛めてしまって...。

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

それは大変ですね。

早く治すためにも、すぐに治療をした方がいいですね。

できれば大会に出たいんです!

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

状態を見てみないと何とも言えませんが本当は休めるといいですね。

ラグビーをやりながらだと時間はかかりますが治療は必要になると思います!

院長
院長

ですが、すぐに治療を開始すれば、出来る限り大会に間に合うようにしますのでお任せください‼

そうなんですね。

じゃあ、しっかり治療します!

ちなみに自分でできることはありますか?

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

まずは、コンタクトスポーツでの『あたる』動作について

知っていただく事が大切です!

ご説明しますのでご覧ください!

『振る』とは?

院長
院長

こんにちは!
今日はテニスをしてきたようですね!

こんにちは!
そうなんです。今日も練習きつかった~。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

身体の調子はいかがですか?

そういえば肘がちょっと痛いです。。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

〇〇さんは『振る』動作について意識したことはありますか?

全く意識したことないです

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

動作について知っておくとケガの予防にもなるのでお話します!

跳ぶって どんな事??

院長
院長

みなさん!!こんにちは!!
院長です!!

こんにちは!!
最近、膝が痛いんですよ。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは
スポーツなさってますか?

バレーボールをしています!!
アタッカーでエースなんですよ。
ジャンプするのが
多いから膝いたいのかな。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは『跳ぶ』
どんな事かわかりますか??
私もバレーボールしていたので
少しお話させて頂きます!!

『投げる』とは?

院長
院長

こんにちは!

今日はどうされましたか?

こんにちは。

今日は、私ではなくて教え子が肩や肘を痛めたようで何かできないかと思って...。

監督
監督
院長
院長

そうなんですね。

それは心配ですね。

私も昔、肩を痛めたので同じ思いをさせないようにしてあげたいんです!

監督
監督
院長
院長

そうしましたら、まずはケガをした選手達はすぐに治療をすることをお勧めします。

それと同時に、監督さんには『投げる』動作について知って頂けると指導の際の役に立てるのではないかと思います。

投げる動作か~。注意して見るようにはしているのですが...。

監督
監督
院長
院長

今後もご指導をするようであれば、選手のケガを予防するためにも、ぜひ見てみてください!

初心者ランナー 走行距離

院長
院長

みなさん、こんにちは!!
院長です!!

こんにち!!院長
最近、ランニング始めたんですよ!!

サラリーマン
サラリーマン
院長
院長

それは、良いことですね。

最近、スネが痛いな。。

サラリーマン
サラリーマン
院長
院長

でも、ランニングって、
ケガが多いんですよ。
では、ランニング障害と走行距離のお話をしましょう。

お願いします。

サラリーマン
サラリーマン

リトルリーガーズショルダー

今回はリトルリーガーズショルダーについてです。


リトルリーガーズショルダーとは、名前の通り成長期の野球選手の肩に起こる怪我です。


子供の身体は大人とは大きく違い、骨に骨端線というものがあります。
そこは骨の成長のために完全な骨ではなく軟骨になっています。
リトルリーガーズショルダーではこの部分に障害が起きます。
後の成長に関わるので適切な対処が必要です。
投げ過ぎが主な原因のためピッチャーに多く発生します。


画像は中学生の肩のレントゲンです。

山のような形の線が骨端線です。

正常な右側の画像(左肩)に対して左側の画像(右肩)では線が太く写っているのがわかると思います。
これが骨端線離開といわれるものです。
野球では投球時に捻りのストレスと遠心力が繰り返しかかり骨端線が広がっていってしまいます。


原因は投げ過ぎ、筋肉の機能的問題、肩・体幹・股関節等の柔軟性、投球フォーム等様々ですが、共通して言えることは肩に痛みがある状態で無理を続けないことです。

画像のようになる前に、少しでも痛みや違和感を感じたら検査をすることをおすすめします。
当院でもまず診察をし、レントゲン等の精密検査が必要と判断したらすぐに提携医に紹介します。



治療はまずは安静が第一です!
日常動作でも痛みが出るような重度の場合は三角巾で腕を吊ったりする等が必要ですが、投球時以外では痛みの出ない軽度のものなら一定の期間投球を控えれば損傷自体は回復します。


そしてこの期間にただ安静にしているのではなく、別の部位のトレーニングやフォームの見直し、治療を行えば再発の可能性や復帰後のブランクを少なくできると思います。



治療でポイントとなるのは小円筋という筋肉です。


左の写真では1本の束に見えますが実際には上部筋束下部筋束に分かれています。
また、解剖の教科書等では筋の停止部は大結節となっていますが、正確には大結節とその下にも付着します。

右の写真(出典 “人体解剖カラーアトラス”)の9の枠内が小円筋の付着部です。9の枠内の上部に上部筋束が、枠内下部に下部筋束が付着します。


起始部と停止部では上部と下部が途中で交差して逆になっています
そしてこの枠内にある点線が骨端線です。
そのためこの小円筋の張りが強かったり、さらには上部筋束と下部筋束で張りや固さに差があると投球時の捻りのストレスに剪断力も加わり負荷がより強くかかると考えます。



リトルリーガーズショルダーの治療では、安静にするだけでなく再発予防のためにこのような筋の固さを見逃さないことも大切です。


スーパーライザーでの温熱療法や手技療法等でしっかりと固さを取り除きます。
また、マイクロカレントや超音波で損傷部位の修復も促します。


ある程度痛みがお落ち着いてきたら投球フォームや身体全体の柔軟性等をチェックし再発になり得る原因があれば改善していきます。


ただ安静にするだけではなく、積極的に治療しましょう!


分裂膝蓋骨

〇分裂膝蓋骨とは?

分裂膝蓋骨は、膝蓋骨が2つや3つに割れた状態のことをいいます。

10~12歳をピークとして発症し、スポーツ活動の盛んな男子に多いです。
→成長期に特徴的なスポーツ障害になります!



〇発症機転
本症はOsgood病やジャンパー膝などと同様に大腿四頭筋の牽引力が繰り返し膝蓋骨に加わることにより、 膝蓋骨の二次骨化に異常をきたし、骨端症症状をきたすものと言われています。
→膝伸展機構の疾患
→慢性のスポーツ障害であり、膝の前面を中心とした疼痛を訴える疾患の一つになります。



(”出典:公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト第3巻スポーツ外傷・障害の基礎知識”)

分裂する部位は外上方(SaupeⅢ)が最も多く、次いで外側端(SaupeⅡ)に多いです。



〇症状
運動時痛/圧痛/パフォーマンス低下(病期にもよる)
→ダッシュ、スクワットなどの反復動作や強度の高い運動で膝蓋骨の外上方部に疼痛が発症します。



〇診断
圧痛・疼痛部位分裂骨端の大まかな部位の把握
→外上方(SaupeⅢ),外側端(SaupeⅡ)
→分骨片のタイプは分類され外上方

(SaupeⅢ)が最も多く、次いで外側端(SaupeⅡ)に多いです。


(”出典:公益社団法人 日本整形外科学会”)


画像
X-P:分裂の分類(上記のSaupe分類)、膝蓋骨骨折との鑑別
→X-Pで確認できる分裂部に一致して圧痛・叩打痛が見られます。


病期分類(膝蓋腱炎)
膝蓋骨分裂の治療はジャンパー膝の治療に準じて行う為、病期をある程度定めて治療方針を決める必要があります。
また、このジャンパー膝の病期分類の第3,4相に該当する強い症状がある場合は手術することもあります。


(”出典:公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト第3巻スポーツ外傷・障害の基礎知識”)



〇治療
診断の項目で触れたように基本的にジャンパー膝の治療方法に基づきます。
3カ月保存治療で症状が軽快していないまたはジャンパー膝の病相が第3,4相の場合は手術を検討します。


活動継続?安静?
(”出典:公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト第3巻スポーツ外傷・障害の基礎知識”)


ジャンパー膝の病期別の治療法を参考にした場合、スポーツ活動を休止するべきは第3相からとなっています。

そのため、第3相の「運動後も痛みが長引き、満足のできる競技レベルを保つことができない」といった症状が出た場合は競技を休止する必要があります。
→そのため、競技が継続できる(第1,2相)と休止を要する(第3,4相)とは治療が異なります。



競技が継続できる(第1,2相)
・患部周辺SL(近赤外線治療器)
・大腿四頭筋の干渉波+HP(ホットパック)
・鍼治療
・ストレッチ
・テーピング・サポーター
→当院での治療だけでなく、練習前のストレッチと練習後のアイシングを徹底します。

また、患者は10~12歳が多く、管理が行き届かない可能性が高いため保護者の強力が重要になります。



休止を要する(第3相)
・患部周辺交代浴
・大腿四頭筋の干渉波
・鍼治療
・ストレッチ
・テーピング・サポーター
→スポーツ活動休止中でもサポーターを着用します。(治療の促進の為)
→3ヵ月後にX-Pを撮影し、状態を確認します。
→圧痛が引き、腫れが引いて来ればOKC動作から始めます。(2~3週間は安静)



リハビリ
OKC(SLR,QCセッティング)
     ↓
CKC(スクワット,ランジ)
     ↓
    ジョグ
     ↓
    ダッシュ
     ↓
    競技動作
     ↓
   復帰(第1相)

復帰と言っても、第1相となるので練習前のストレッチと練習後のアイシングとテーピング・サポーターは引き続き着用します。