手根管症候群

今回は「手根管症候群」について説明します。

手根管症候群とは、手首の中にある手根管という腱や神経が通る管が、何らかの原因(スポーツによるオーバーユース、事故、杖を長時間ついているなど)により内圧が上がり、神経が圧迫されることで引き起こされます。

このときに圧迫されるのは正中神経という神経で、親指、人差し指、中指、薬指の中指側に痺れ、痛みが出るのが特徴です。

手根管症候群である場合、ファーレンテストやチネル兆候といったテストが陽性になります。


→ファーレンテスト手首を屈曲させてそのまましばらくすると痺れ、痛みが増強する。



→チネル徴候手首の掌側を叩くと人差し指、中指にビーンと響くような痺れが出る。



〇治療
手根管症候群は、手首の中にある腱や神経が通る手根管がなんらかの原因によって内圧が上がり、神経(正中神経)が圧迫されて親指、人差し指、中指、薬指の中指側にしびれ、痛みが出ます。

重度の場合は手術の適応になりますが、当院では温熱療法や神経の伝達を促進してしびれや痛みを軽減させる電気治療、鍼治療などを行っています。さらに、安静を図る為シーネ固定をする場合もあります。

症状が出た場合は早期に治療を始めることがなにより大切です。
いつでもご相談下さい。


コメントを残す