『方向転換』とは?

院長
院長

ちひろさん、こんにちは!

今日はどうされましたか?

院長先生、こんにちは!

バスケの試合中に切り返しで膝を痛めちゃいました...。

ちひろ
ちひろ
院長
院長

バスケは膝のケガが多いスポーツですからね。

今は、しっかり休んで治療することが必要です。

そうですか。

大会までに間に合いますか?

ちひろ
ちひろ
院長
院長

状態を確認してからにはなりますが、間に合うようにサポートさせて頂きます!!

早く治すにはどうしたらいいですか?

ちひろ
ちひろ
院長
院長

安静にしている間に身体の使い方を理解していただき、復帰したら『方向転換』の動作をしっかりできるようにリハビリをしましょう!

『蹴る』とは?

院長先生!

サッカーの試合で走っていたら転んで足首を捻ってしまいました…。

けいすけ
けいすけ
院長
院長

こんにちは!

足首以外に痛めたところはないですか?

足首以外は大丈夫です。

なんか腫れていて、結構痛いです。

けいすけ
けいすけ
院長
院長

まずは、アイシングを行いましょう!

すぐに病院に行き、治療することが必要です。

そっか〜。

治るのに時間かかりますよね

けいすけ
けいすけ
院長
院長

状態にもよりますが、安静は必要かと…

院長
院長

けいすけさんが復帰した時に気をつけていただきたいことがあります!

『蹴る』動作についてご説明しますので覚えておいてください!

『あたり』とは?

院長
院長

こんにちは!ユウスケさん!

今日はどうされましたか?

こんにちは院長先生!

実は、ラグビーをしているんですけどタックルをしたときに肩を痛めてしまって...。

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

それは大変ですね。

早く治すためにも、すぐに治療をした方がいいですね。

できれば大会に出たいんです!

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

状態を見てみないと何とも言えませんが本当は休めるといいですね。

ラグビーをやりながらだと時間はかかりますが治療は必要になると思います!

院長
院長

ですが、すぐに治療を開始すれば、出来る限り大会に間に合うようにしますのでお任せください‼

そうなんですね。

じゃあ、しっかり治療します!

ちなみに自分でできることはありますか?

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

まずは、コンタクトスポーツでの『あたる』動作について

知っていただく事が大切です!

ご説明しますのでご覧ください!

『振る』とは?

院長
院長

こんにちは!
今日はテニスをしてきたようですね!

こんにちは!
そうなんです。今日も練習きつかった~。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

身体の調子はいかがですか?

そういえば肘がちょっと痛いです。。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

〇〇さんは『振る』動作について意識したことはありますか?

全く意識したことないです

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

動作について知っておくとケガの予防にもなるのでお話します!

跳ぶって どんな事??

院長
院長

みなさん!!こんにちは!!
院長です!!

こんにちは!!
最近、膝が痛いんですよ。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは
スポーツなさってますか?

バレーボールをしています!!
アタッカーでエースなんですよ。
ジャンプするのが
多いから膝いたいのかな。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは『跳ぶ』
どんな事かわかりますか??
私もバレーボールしていたので
少しお話させて頂きます!!

初心者ランナー 走行距離

院長
院長

みなさん、こんにちは!!
院長です!!

こんにち!!院長
最近、ランニング始めたんですよ!!

サラリーマン
サラリーマン
院長
院長

それは、良いことですね。

最近、スネが痛いな。。

サラリーマン
サラリーマン
院長
院長

でも、ランニングって、
ケガが多いんですよ。
では、ランニング障害と走行距離のお話をしましょう。

お願いします。

サラリーマン
サラリーマン

ペルテス病

今回はペルテス病についてのお話です。
ペルテス病とは子どもがかかる股関節の疾患です。股関節は球状の大腿骨頭が、受け皿のような臼蓋という部分にはまるような構造になっています。

この大腿骨頭の血流が何らかの原因で途絶え、骨が壊死してしまい、しだいに骨がつぶれて変形してしまう疾患です。なぜ血流が途絶えてしまうかは明らかになっていません。
好発年齢は1〜10歳と幅広く、特に4〜8歳くらいに発症しやすいと言われています。男女比は5:1くらいの割合で男子に多くみられます。

・ご自宅での見極め方

お子さんが遊んで帰ってきて足を引きずっていたり脚の付け根や太ももを痛がっていたら注意が必要です。股関節には痛みが無く、太ももだけに痛みが出る場合もあります


このような時は股関節の動きをチェックしましょう。

あぐらがかきにくい股関節をひねったときに左右で可動域が違う、このような症状があるとペルテス病の可能性があります。

少しでも疑わしい場合は早めに医療機関を受診しましょう。
当院ではペルテス病の疑いがある患者さんがいらした場合はまず提携医に紹介し、レントゲンやMRI等にて壊死があるかないか、ある場合どのくらいかを検査していただきます。

前述の通り股関節に痛みが無く太もものみが痛い場合もあるので見逃さないことが重要です。
発症年齢が低く壊死の範囲が狭いほど予後は良好です。

悪化しないよう経過観察は必要ですが、自然治癒を望めます。
ですが4歳以上で、壊死の範囲が骨頭の半分以上にわたるときは治療が必要です。

重症例では入院や1年以上の装具の着用、または手術が必要となってしまいます。

発見と治療開始が遅いほど予後は不良で、壊死は最終的には修復しますが、その修復過程で大腿骨頭や臼蓋に変形が生じてしまいます。

(出典 “標準整形外科学 第9版”)

上の写真は向かって右が正常な股関節です。対して左の写真の股関節はペルテス病発症から10年が経過し大腿骨頭と臼蓋ともに変形してしまっています。
小さいお子さんがいらっしゃる方は日頃から股関節に注意してみてください。

大腿骨頭すべり症

大腿骨頭すべり症についてです。
股関節は球状の大腿骨頭が臼蓋という受け皿のような部分にはまり込んでいます。

 大腿骨頭すべり症もペルテス病と同様に子どもの大腿骨頭に起こる疾患です。
成人では大腿骨頭は完全な骨になりますが、こどもの時は骨が成長する為に骨端線(下の写真の青線)という軟骨部分があります。

 大腿骨頭すべり症はこの骨端線の部分で、大腿骨頭の上の部分が後下方にすべってしまう疾患です。

急性と慢性がありますが、ほとんどが慢性で急性は稀です。
急性では明らかな外傷をきっかけに発症し、激痛が生じることがあります。
慢性では徐々にすべりが生じていき、始めは軽い股関節痛が出たり足をひきずって歩くようになっていきます。

 ペルテス病と同様に股関節痛が無く、膝周囲や下肢の痛みが主なことも多いので見誤らないことが大切です。

骨端線は成長が盛んな時期に痛めやすいため、小学校高学年から中学生ですべりやすくなります。
この時期の過度な運動は原因の1つとも言われています。女子よりも男子に多く発症し、またその内の7〜8割は肥満児というのも特徴です。

ご自宅にて成長期のお子さんが、
・仰向けに寝た際に足が外旋位といってつま先が外を向いている

・脚が曲げづらい、外に開きにくい

・股関節、または太ももや膝周囲に痛みを訴える

・脚を引きずって歩いている


等の症状があったら注意が必要です。
すぐに医療機関を受診しましょう。

治療は牽引等での保存療法もありますが、再転移の可能性が高いためほとんど行われていません。手術適応となります。

当院にて疑わしい患者さんがいらしたら、まず提携医院にてレントゲンやCTやMRI等の精密検査をしてもらい、大腿骨頭すべり症が認められた場合は責任を持って専門医に紹介させていただきます。

大腿骨頭壊死

大腿骨頭壊死 

大腿骨頭壊死症は症候性大腿骨頭壊死症と特発性大腿骨頭壊死症に分類される。 
症候性大腿骨頭壊死症とは原因が明らかなもので、外傷性と塞栓性にさらに分けれる。

外傷性は大腿骨頚部骨折後に最も多く(次に外傷性股関節脱臼後)、骨折の際の血流途絶によるものである。
塞栓性(減圧性)は潜函病、ゴーシェ病などが含まれ、潜函病は潜水士などみられる減圧症候群で血中に溶解した気泡の塞栓によって生じ、ゴーシェ病は先天性代謝異常によって引き起こされる。
そのほかにも、骨盤内悪性腫瘍などでの放射線照射後や大腿骨頭すべり症などの大腿骨近位の手術を行った際の血管損傷で生じることもある。
 

 特発性大腿骨頭壊死症は非外傷性に大腿骨頭の無菌性、阻血性の壊死をきたし、大腿骨頭の圧潰変形が生じ、その結果二次性の股関節症にいたる疾患と定義されている。
またステロイド性はSLE患者に多く、短期間で大量の投与がなされた例に好発する。
アルコール性は1日のアルコール摂取量が日本酒を3合以上、15年間以上の飲酒歴がある人をアルコール性としている。 

 特発性大腿骨頭壊死症は約50%で両側に発生し、大半は1年半以内に発生する。特にステロイド性では両側発生率が70%になる。 
症状は股関節痛で発症することが多く、階段や段差を降りる際などの小さなストレスが股関節にかかった時に急性の疼痛が発生する。
この初期疼痛はすでに無症状の壊死が発生している大腿骨に小さな外力が加わって、軟骨下骨層圧潰が生じている。しかし、この痛みは2〜3週間で軽快し落ち着くことが多い。この時、他の膝や殿部に痛みを伴うことがあり、膝や腰の疾患と診断され発見が遅れやすい為、注意が必要である。関節の制限としては外転、内旋制限が特徴的である。
 
 検査は基本的に単純X線画像とMR画像が用いられる。特にMR画像は壊死の早期発見・診断に有用である。 

壊死は荷重が掛からなければ2〜3年で修復し、正常の骨組織に戻るが、日常生活では壊死骨頭に荷重が加わるため、壊死範囲が広いもののほとんどは圧潰をきたす。
この圧潰の発生・進行を防止し、同時に関節症の進行も同時に防止することが治療の原則になる。

“標準整形外科学 第9版より引用” 大腿骨頭壊死症では上記のタイプの分類により壊死の範囲を決定している。
このタイプの分類が治療と予後の予測に重要で、保存療法が適用になるものは壊死の範囲が狭いものや非荷重部に存在する例(typeA)で、日常生活における活動を若干制限し、経過観察を行う。また、反対に壊死の範囲が広いものや荷重部に存在する例(typeB以降)は保存療法の適応はほとんどない。