『泳ぐ』とは何か?

先生~!

水泳の練習をしていたんですけど、右肩が痛くなっちゃいました...

コウスケ
コウスケ
院長
院長

コウスケさん、こんにちは!

痛めたのはいつ頃ですか?

また、どんな時に痛みますか?

痛くなったのは3日前です。

クロール時の息継ぎで右肩を上げた時に痛みがあります。

コウスケ
コウスケ
院長
院長

なるほど。

練習量はどのくらいでしょうか?

えーっと、週に5回で、1日に10000mくらい泳ぎます!

コウスケ
コウスケ
院長
院長

練習量が多いんですね...

まずは今後のことも考え、治療することをオススメします!

院長
院長

それに +α でコウスケさんは泳ぐときにフォームを意識してると思いますが、『泳ぐ』という動作についてより詳しく知っておくとケガが治ってからも予防ができますよ!

『あたり』とは?

院長
院長

こんにちは!ユウスケさん!

今日はどうされましたか?

こんにちは院長先生!

実は、ラグビーをしているんですけどタックルをしたときに肩を痛めてしまって...。

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

それは大変ですね。

早く治すためにも、すぐに治療をした方がいいですね。

できれば大会に出たいんです!

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

状態を見てみないと何とも言えませんが本当は休めるといいですね。

ラグビーをやりながらだと時間はかかりますが治療は必要になると思います!

院長
院長

ですが、すぐに治療を開始すれば、出来る限り大会に間に合うようにしますのでお任せください‼

そうなんですね。

じゃあ、しっかり治療します!

ちなみに自分でできることはありますか?

ユウスケ
ユウスケ
院長
院長

まずは、コンタクトスポーツでの『あたる』動作について

知っていただく事が大切です!

ご説明しますのでご覧ください!

跳ぶって どんな事??

院長
院長

みなさん!!こんにちは!!
院長です!!

こんにちは!!
最近、膝が痛いんですよ。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは
スポーツなさってますか?

バレーボールをしています!!
アタッカーでエースなんですよ。
ジャンプするのが
多いから膝いたいのかな。。

スポーツ女子
スポーツ女子
院長
院長

○○さんは『跳ぶ』
どんな事かわかりますか??
私もバレーボールしていたので
少しお話させて頂きます!!

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは
上位椎体が下位椎体に対し前方にすべった状態の総称です。まれに後方にすべり症を生じることもあります。

【分類】すべりの程度にはMeyerding分類が一般的に用いられます。これはすべりのある椎体下縁が4等分した下位椎体上縁のどこに位置するかで1°〜4°と表します。

      画像出典 ‘整形外科学 改訂第4版’

原因からみた分類

  • ①先天性すべり症または脊椎下垂症
  • ②分離性脊椎すべり症
  • ③変性脊椎すべり症
  • ④外傷性すべり症
  • ⑤病的脊椎すべり症

【症状・治療】

①先天性すべり症または脊椎下垂症
先天的な第1仙椎と関節突起の形成不全により、第5腰椎のきわめて高度なすべり症が生じます。

すべりは成長とともに進行し思春期に急速に増悪する症例もあります。

第5腰椎体から仙骨の前方へすべり落ちる脊椎下垂症の場合もあります。

〈症状〉腰椎と大腿後面の痛みを訴えます。

すべりによる後弯変形とそれに代償するための腰椎前弯増強の姿勢を示します。SLRテストで下肢痛は生じませんが、ハムストリングの緊張によって挙上が制限される高度のすべりによって馬尾や神経根の障害が発生することがあります。

〈治療〉脊椎固定術が不可欠です。

神経脱落症状があれば、除圧術も行う事もあります。

      画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’

②分離性脊椎すべり症
男性の第5腰椎によく起こり、腰椎前弯が増強します。

高度なすべりでは、棘突起間に段差がみられます(階段状変形)

〈症状〉:腰の屈曲で腰がずれるような不安感や張った感じの腰痛を自覚し、しばしば大腿後面に重圧感を覚えます。

また、片側ないし両側の下肢痛を生じ、神経根性間欠跛行を呈することがあります。馬尾障害は生じません。


〈治療〉:保存療法を行います。日常生活での動的刺激を抑え、腰痛や下肢痛の軽減を待ちます。

軟性コルセットの着用と生活指導をします。必要に応じては消化鎮痛薬やブロック療法を用いる事があります。手術的に治療では、脊椎固定術を行います。

後方固定術(PIF)後側方固定術(PLF)椎体間固定術が選ばれます。神経根障害があれば除圧術も行います。

        画像出典 ‘整形外科学 改訂第4版’

③変性脊椎すべり症
椎弓の分離がなく、椎体が前方に滑っている状態です。

後方支持要素(椎弓、椎間関節)の水平化などの解剖学的危険因子がもとと存在していて、これに前方支持要素(椎間板)の機能破綻が加わって椎体すべりが発生すると考えられています。

女性ホルモンの分泌が何らかの形で関与していると考えられており、40歳以上の女性、第4-5腰椎に好発します。

腰部脊柱管狭窄症の原因疾患の1つで、馬尾障害を呈します。


〈症状〉:徐々に腰痛が発症します。脊柱管狭窄を挺すると、下肢の疼痛や多根性のしびれ、間欠跛行を訴えます。

馬尾性間欠跛行を呈する頻度が高く、両下肢の脱力感、会陰部のしびれや熱感、膀胱直腸障害、男性では歩行時の陰茎勃起などの症状があります。

側面X線像で、すべりのある椎間板腔の狭小化や不安定性を認めます。変性側弯や椎体側方すべりを合併していることもあります。


〈治療〉:保存療法を行います。コルセット、日常生活上の指導、体操療法、あるいは鎮痛薬の投与が主体となります。馬尾性間欠跛行と神経根性間欠跛行の違いにより治療方針は異なります。

       画像出典 ‘整形外科学 改訂第4版’

④外傷性脊椎すべり症交通事故など

⑤病的脊椎すべり症骨系統疾患や腫瘍性病変により生じるもの。

【競技復帰】脊椎分離症と同じく、下肢のストレッチやコアのトレーニング、有酸素運動を行います。

復帰の時期は、改善の状態や脊椎の安定化の状態をX線で評価しながら検討します。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症
脊柱管内を走行している神経組織(馬尾、神経根)と周囲組織(骨、軟部組織)との関係が何らかの理由で破綻し狭窄が生じたため、神経症状を呈する状態です。

腰部脊柱管狭窄は様々な疾患や病態が混在しているため、1つの疾患単位とするよりも種々の腰椎疾患にみられる1つの病態としてみましょう。

【分類】
先天性(発育性)脊柱管狭窄脊柱管が正常より狭く成長したために生じた狭窄。

軟骨無形成症の狭窄が代表的かつ高度。


後天性脊柱管狭窄

  1. 変性脊柱管狭窄 

 大多数、男性に多い、多椎間に認められる、変性すべり症による狭窄は女性が多くL4-5に多い。

  1. 合併狭窄

 先天性脊柱管狭窄と変性脊柱管狭窄が合併したり    変性脊柱管狭窄に椎間板ヘルニアが合併したりする場合。

  1. 医原性脊柱管狭窄

 椎弓切除や脊椎後方固定術のあとに脊柱管が狭窄したもの。

  1. 外傷後の脊柱管狭窄
  2. その他

骨Paget(パジェット)病など。

           画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’


【症状】


神経性間欠跛行歩行により出現する自覚症状と他覚所見から・馬尾型 ・神経根型 ・混合型 に大別できます。

画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’

神経障害型自覚症状他覚所見
馬尾型下肢・臀部・会陰部の異常感覚多根性障害
神経根型下肢・臀部の疼痛単根性障害
混合型馬尾型+神経根型多根性障害

体幹を屈曲したりしゃがみ込むなどにより、下肢に出現した症状が消失し歩き始めることができます。これは、他の疾患、特に閉塞性動脈硬化症による下肢痛との鑑別をするうえで極めて重要です。


馬尾性間欠跛行

自覚症状は両下肢、臀部、および会陰部の異常感覚が特徴です。しびれ、灼熱感、ほてり、下肢の脱力感といった愁訴が多いです。

また膀胱直腸障害を伴っていることがあります。疼痛は訴えないことが多いです。他覚所見は、多根性障害を呈します。アキレス腱反射が安静時に消失していることが多いです。


神経根性間欠跛行 

自覚症状は下肢や臀部の疼痛が特徴になります。片側性の疼痛を訴えることが多いですが、両側性の疼痛を呈する事もあります。神経学的所見は、一般にも単根性障害を呈します。

【診断】


神経性間欠跛行歩行不可、あるいは立位負荷(Kemp徴候)で評価を行います。閉塞性動脈硬化症による血管性間欠跛行とは、好発年齢が重なり鑑別が注意が必要になります。

足背動脈の拍動や腰痛合併の有無は鑑別に重要ですが、決定的とはなりません。

        画像出典 ‘柔道整復学 理論 第5版’

②画像診断単純X線像では、脊柱管の骨性狭窄の有無を評価することは少ないです。

外来診察では脊柱管のおおよその大きさを知るのに用いられます。

MRIは、脊柱管における神経組織と周囲組織との相互関係を把握し、狭窄状態と椎間板変性の程度を示します。骨性要素の把握は困難になります。

T1強調像では、椎体、椎間板、黄色靭帯、神経根型、脂肪組織の評価T2強調像では、加わっている圧迫の状態を評価CTは、脊柱管や椎間孔狭窄の状態を観察できます。

        画像出典 ‘標準整形外科学 第9版’

③神経根造影・ブロック神経根性間欠跛行や神経障害の症例に対し、形態学的診断だけでなく機能的診断がてきます。神経根の圧迫や狭窄部位が陰影欠損としてとらえられます。

【治療】

神経根障害保存療法、日常生活指導、薬物療法、ブロック療法、装具療法を組み合わせます。改善しない場合は手術適用となる場合があります。手術は除圧術が基本で、症例に応じて固定術を併用します。


馬尾障害有効な保存療法は少ないです。日常生活指導、薬物療法、腰部交感神経節ブロックなどを組み合わせます。改善しない場合は手術適用となる場合があります。

手術は除圧術が基本で、症例に応じて固定術を併用します。